お知らせ

猫ちゃんのしつけのお話part3 ペットマッサージ

自由奔放にに見える猫も飼い主との触れ合いが少ないとストレスをためることがあります。スキンシップを高めるマッサージ法、さまざまな場面に応じたしつけ方、問題行動への対処法をしっかりマスターして頂けると嬉しいです。

 

スキンシップを高めるペットマッサージ

犬と同様、猫も人間社会の中でさまざまなストレスをためています。一見、自由奔放に見える猫ですが、現実にはそうでもありません。放し飼いが禁じられている犬は、家の外には実質的にテリトリーは存在しません。ところが、放し飼いで単独行動する個体が多い猫の世界は、家の外は危険がいっぱいなのです。

 

縄張り争いや発情期の雌を巡る、ケン力などもあります。飼い主の知らない間に、猫のストレスが高まっている可能性があるのです。

 そんな猫にとっても、飼い主とのスキンシップを高め、傷など体の異常をいち早く発見できるマッサージは有効な手段となります。

ただし、前述のように、猫はもともと体に触られることが苦手な場合が多いので、子猫のうちから十分に慣れさせておく必要があります。

 

猫へのマッサージはソフトすぎるくらいがOK

猫のマッサージの方法は、小型犬の場合と基本的には同じです。ただし猫は飼い主とスキンシップを行っている最中でも、飽きてきたり嫌になったりすれば、すぐに逃げ出そうとします。

 そんなときは、猫の気分に合せるようにします。マッサージ嫌いにさせないためにも、絶対に無理強いしてはいけません。マッサージするときの力もソフトすぎるくらいでちうどよいでしょう。

猫が少しでも嫌がるそぶりを見せたら、力の入れ過だと思ってください。

マッサージに慣れさせるためにも、始めから全身をマッサージしようとせず、まず猫が気持ちよさそうにしている部分に重点的に施します。まずマッサージは気持ちいいということを猫に覚えさせ、それから徐々に範囲を広げて行くようにしましよう。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

次回は猫のからだのツボの位置と効能についてお話致します。 t-ito

 

 

カテゴリー:

カテゴリー

アーカイブ