お知らせ

日本の厳しい環境が招く猫の熱中症

猫の先祖はリビアヤマネコというアフリカや中近東に生息するヤマネコ種の亜種とされています。
ようは、暑い砂漠や気温の高い地域が出身地と言えます。
そのため、暑さには強い傾向にあります。
しかし、日本は気温も高く湿度も高い、猫にとってはとても厳しい環境なのです。

熱中症になりやすい猫はいるの?
犬もそうですが、マズル(口吻)のより短いタイプの猫種は熱中症のリスクが高いと言われます。


 もちろん猫は犬に比べるとどの種もマズル(口吻)が短いのですが、その中でも、例えば、スコティッシュフォールドやペルシャといった猫種では注意が必要です。

 他にも、脂肪を蓄えやすく、熱を放熱することが苦手とされるアメリカンショートヘアや寒い地方原産のノルウェージャンフォレストキャットといった被毛の厚い長毛種やシニア猫、子猫、持病のある猫、そして、肥満の猫も、熱中症になりやすいとされています。

熱中症になりやすい環境とは?
犬もそうですが、気温が高くなくても、湿度が高いと熱中症発症率は高まります。

もちろん高温多湿は言わずもがなですが、他にも、前日との気温差が大きい場合や、ガレージなどに入り込んだ場所に閉じ込められてしまった場合、冬のアンダーコードが残っているために熱が籠ってしまった場合などが考えられます。

熱中症の症状は?
まず元気がなくなります。そして、呼吸がやや早くなります。

犬の場合、割と早い段階で口をあけて呼吸をし、さらに暑くなると激しい呼吸へと変わっていきますが、猫の場合症状が進んでからやっと口をあけて呼吸をし始めるため、犬と同じように考えていると、思っているより症状が進行している場合があります。

これはもともと犬より猫の方が不調を表に出そうとしない性質が起因していると言われています。

また、チアノーゼ(猫の口の中を確認したときに青紫色のような色をしている状態)が見られることもあります。それと同時に、体に触れると明らかに体温が高いと感じることもあるでしょう。

 さらに症状が進行すると、ふらついて歩けなくなったり、嘔吐・下痢、痙攣(けいれん)などが見られるようになり、そのまま体温が下がらなければ、命を失う可能性があります。

熱中症の予防


まず、毛量の多い猫は、しっかりブラッシングしてアンダーコートを取り除きましょう。

そして、室内に残していく場合には、クーラーなどによる温度管理を行うとともに、もし停電などが起きた場合を想定して、電気に頼らずに涼をとれるアルミプレートや冷感ジェルマットなどを部屋の中でも気温が上昇しにくい場所に置いておきましょう。

 

 忘れてはいけないのは、猫が勝手に入り込んでしまいそうな場所を確認し、万が一入った後に閉じ込められることのないようにしなくてはいけません。

 猫の中にはドアノブなどをあけることができる子もいます。そうした場合には、ドアノブストッパーなどを活用し、猫が室内で安全に過ごせる工夫をしてみましょう。

もちろん、自由に外に出られるようにしている猫の場合、暑さだけではなく他の危険性も生じます。
急には無理でも、徐々に完全室内飼育に移行できるよう、調整することをお勧めします。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

ペット災害危機管理士 t-ito

カテゴリー:

カテゴリー

アーカイブ