サービス案内

ペットの健康管理

わんちゃん、ねこちゃんに与えると、トラブルを引き起こし易い食材があります。
充分に注意しておく必要があります。

ペットの健康管理
猫のイメージ

与えてはいけないもの

①ネギ類

タマネギ、長ネギ、ニラなどのネギ頚は、犬の体内の赤血球を壊してしまう作用があり、中毒症状に陥ります。貧血、嘔吐、下痢、血尿などを引き起こし、重症になると輸血が必要な事態になることもあります。
調理済みのハンバーグやスープなど、少量でも入っている可能性のあるものは注意が必要です。

②チョコレート

チョコレートも中毒を起こす作用があります。発熱や不整脈などの症状を引き起こし、大量に与えると死にいたることもあります。
不用意に置いておいておき、犬が食べてしまうことがないようにしておきましよう。

③生の卵白

消化できずに下痢を起こします。与える場合は、必す加熱してください。

④骨

犬は骨を喜んで食べる印象がありますが、骨であれば何でも与えても良いと言うわけではありません。なかでも鳥の骨や魚の骨は、消化器官に刺さってしまう恐れがあり、危険です。特に鳥の骨は噛み砕くと縦に割れ、鋭くとがって食道の内壁を傷つけてしまうこともあります。

⑤香辛料

トウガラシやわさび、コショウ、しょうが、力レーなどの刺激物は、犬の胃を刺激し、肝臓などにも負担をかけますから、与えてはいけません。

⑥イカ・タコ・貝類

生のまま与えると消化不良で下痢を起こすことがありますが、タウリンいうアミノ酸が豊富なので、与えるときはよく加熱し、少量にしてください。

⑦ブドウ類

個体差もありますが、中毒症状から腎臓に障害を起こし、死に至るケースもあります。干しブドウも同じです。

⑧カフェイン

中枢神経を興奮させるため、発作持ちの犬に与えると発作の原因となります。

⑨キシリトール

低血圧を起こします。食品添加物として菓子類などに使用される甘味料
で、間違って与えないよう注意しましょう。

⑩ナッツ類

種類によっては中毒や消化不良を引き起こすことがあります。

長ねぎ
玉ねぎ
チョコレート
骨
いか・たこ
ぶどう類(干しぶどう)
ナッツ類

犬・猫に必要な三大栄養素

犬猫に必要な三大栄養素

①タンパク質

タンパク質は多数のアミノ酸が結合してできている栄養素です。タンパ ク質は工ネルギー源として使われるほか、筋肉や内臓、血液などの体の組織を作り出す成分となったり、体に起こる化学反応を助ける酵素などの原料にもなります。

これらの新しい細胞を作り出すために必要なアミノ酸は20種類あり、このうち10種類は体内で合成できず、食物から摂取する必要があります。これを必須アミノ酸といいます。

タンパク質には肉類をはじめ、卵、魚などに含まれる動物性タンパク質と、大豆などに含まれる植物性タンパク質があります。良質のアミノ酸(必須アミノ酸)が含まれているのは動物性タンパク質ですが、体内のさまざまな働きを正常に保つためには、どちらも必要です。

 犬は人の3倍以上のタンパク質を必要とします。特に、幼犬、激しい活動をする犬、妊娠中や授乳中の犬には多く与える必要があります。
ですか ら人とまったく同じ食事を続けていると、タンパク質不足になるおそれもあります。

②脂肪

脂肪は体内でそのまま活動の工ネルギーとして利用でき、1gあたりのエネルギー量がもっとも高い、効率のいいエネルギー源です。食事にタンパク質と炭水化物が充分に含まれていれば、エネルギー源としてはそれほど重要ではなくなりますが、脂溶性ビタミンであるビタミンA、 D、 E、Kを食物から摂る時に必要で、体内で生産できない必須脂肪酸の供給源にもなります。

においや口当たりなどによって食事の食欲を高める働きも持っています。
成長期や授乳期、運動したときなど、高力ロリーを必要とする場合には便利ですが、炭水化物同様、摂りすぎは肥満の原因になるので注意が必要です。逆に不足すると、脂肪酸欠乏症や、エネルギー不足の状態を招き、成長や運動能力への悪影響を及ぼしたり、繁殖力の低下、体重の減少、体力の低下といった症状を起こします。

③炭水化物

炭水化物は糖質と繊維質とに分けられます。糖質にはブドウ糖や果糖などのほか、穀物やイモに含まれるデンプンなどがあり、体内で消化されエネルギー源として使われます。

一方、繊維質(食物繊維)は消化されませんが、腸管の機能を維持し、排池の状態をよくする働きがあります。

炭水化物は犬にとって絶対に必要なエネルギー源ではありません。人は糖質を消化しやすい体の構造になっていますが、犬や猫は糖質よりタンパ ク質や脂肪を消化しやすい体の構造になっているのです。

また、繊維質が多すぎる食事もあまり好ましいものではありません。

炭水化物は多くの食品に含まれており、普通に栄養のバランスが取れた食事であれば自然とでつくられたもの以外は、かなりの量の炭水化物が含まれています。

 

※この執筆は発行元「がくぶん」ペット介護士養成講座より、許可を得て作成したものです。

                 無断転写禁止

肉、卵、魚
脂肪
稲
さつまいも

猫の目をよく観察することで判る病気

病気は早期発見・早期治療が重要なことは言うまでもありませんが、猫は、言葉で体の不調を訴えることができません。 飼い主が、日頃から細心の注意を払って猫を観察して、ちょっとした異常や変化を発見してあげることが重要です。


「少し、様子を見ようか? 」は、一番危険!

動物は人間の1日が⇒4日分に相当します。

人間の4倍速く、病気が進行すると思ってください。
できるだけ早く動物病院にかかる事をお勧めいたします。

ここでは、猫の体の変化について、代表的なものを紹介していきますが、 何らかの異常を感じたら、自己判断せずに、できるだけ獣医師の診断を受けるようにしてください。

目の異常は全身的な症状から現れることもあるので、注意が必要です
■目ヤニが出る

代表的な病気として、猫ウイルス性鼻気管炎が考えられます。かかりめの最初は、高熱とくしゃみなどの症状が見られ、その後目ヤ二が出てます。そのほかにも、結膜炎や角膜炎、腸炎などの全身感染症が考えらます。また、生後間もない子猫の場合は、急性の化膿性結膜炎の疑いもあります。

■膜が張っている

普段は目頭部分に縮んでいる瞬膜という薄い膜は、猫の健康のバロメーターとなるので、日頃から気をつけて観察しましょう。瞬膜が出たままになっているときは、病気の症状です。瞬膜自体の異常や、結膜炎、内臓の病気、衰弱、そして強いストレス状態にあるといったことが考えられます。

■充血している

結膜炎や角膜炎などの目の病気だけでなく、猫伝染性腹膜炎や呼吸器系の病気などの場合もあります。

■白くなっている

目の表面が白くなっている場合は、傷や化学薬品などによる角膜炎が考えられます。 また、虹彩炎(こうさいえん)や毛様体炎などにかかっている場合は目の中が白くなります。

■目を掻く

きれい好きな動物なので、前足で顔を洗うような動作をよくしますが、頻繁に行う場合は、結膜炎や角膜炎の可能性も考えられます。

■瞳の色がおかしい

白っぽく見えるときは、外傷性や糖尿病などによる白内障。緑がかってるときは、緑内障にかかっていると考えられます。

■ まぶしそうな目つきをする

猫ウィルス性鼻気管炎や慢性結膜炎、目にゴミが入ったり、ビタミンA が欠乏した場合に、まぶしそうな目つきをします

 

くつろぎのお時間 ほっこりしますね!

眠る猫
くつろぎ猫
寝る猫

ペット介護士 t-ito